看護師

種類によって見極める

女の人

顔にいぼやほくろがあると気になって仕方がないという人も多く、切除できるならしたいと考えたことはありませんか。ほくろは母斑細胞の増殖が原因と言われており、平らなものから盛り上がっているものまで、形状が異なっています。いぼはウイルス感染や皮脂腺の多い部分の皮膚表面が変化してできると言われており、サイズも様々です。いぼやほくろの中には稀に悪性になってしまうものもある為、医師に一度見てもらうことが大切です。いぼは医学用語で言うと、疣贅(ゆうぜい)と呼ばれ、ウイルス感染か加齢が原因と言われています。ウイルス性の場合は人から人へと感染させてしまう為、美容整形ではなく皮膚科を受診し、早めに治療を行うことが大切です。また、加齢によってできるいぼは、60歳以上の約80%になるとも言われ、感染はしません。体質が関係していることから、一度除去しても再発してしまう可能性が高いのが特徴です。まずは、ウイルス性のものなのか、それとも加齢によるものなのかをしっかりチェックすることが大切です。美容整形では、切除する方法として切除して縫合する方法と、電気凝固法の2種類を使用していることが多いようです。皮膚科で保険診療の中で行う場合、液体窒素を使用することがあります。しかし、この方法は何度も通院しなくてはいけなかったり、周辺の皮膚にも窒素が影響してしまったりする可能性があるので注意が必要です。そのことからも、切除法か電気凝固法がおすすめです。ただし、大きさによっては電気凝固法では除去できない可能性もありますので、まずは医師と相談してください。切除法を使用した場合、大きさによっては切除と縫合が必要となります。治療期間はサイズによって異なりますが、数分程度で終わることが多いようです。局所麻酔を使用して行う為、痛みはありません。治療した箇所は目立たないテープを貼り保護しますので、施術翌日からメイクも洗顔もすることができます。ただし、縫合している箇所には触れないようしましょう。1週間後に縫合した糸を抜糸します。2週間後にはかさぶたがとれ、しばらく赤みは残りますが、時間と共に3カ月〜6か月程度で色味が落ち着きます。電気凝固法を使用した場合は、局部麻酔を行って高周波の電気で蒸散させ除去します。この方法の場合は広範囲に対応できます。大きさにもよりますが、数分程度で終わり、処置部分にテープを貼り保護して終わります。自然に剥がれるまでそのままで過ごすだけで良いので簡単です。この方法の場合でもメイクも洗顔も行うことができます。この2つの方法を使用することで、気になるいぼを切除することができます。施術を行えばすぐに消えるのではないかと勘違いしている人が多いのですが、どちらの方法を使用しても自然に消えるまで時間がかかります。最低でも3カ月〜6か月ぐらいかかりますので、注意してください。また、サイズによってもその時間に差が出ますので、焦らないことが大切です。日常生活を送る上では特に困ることはありませんし、施術時間も数分ですのでコンプレックスになっているのでしたら、一度医師に相談してみてください。