気になるいぼを切除しよう|最良の病院を見極める方法を伝授

美容整形の概要

女性

「いぼ」の種類はさまざまで、同じ「いぼ」でも原因が違います。またそれが顔や首といった目立つ部分にあるとコンプレックスになります。取り除くには切除法と炭酸レーザーを使用した方法と液体窒素による治療法3つの方法がありそれぞれ特徴も違います。

美容外科の選び方

ウーマン

美容外科の選び方のまとめ

いぼの治療において、切除手術は、もっともシンプルな治療法です。この切除手術は、ピンセットやハサミによっていぼを直接的に切除するものです。レーザー治療では、施術が難しい場所にあるいぼの治療に対して使用されることが多いです。また、薬剤治療では効果が見られないような大きく成長したいぼの治療に対して、とても効果的といえるでしょう。切除施術の際には麻酔を使用するため、痛みもなく、潜伏しているウイルスごと完全に取り除くため、再発リスクが少ない施術法です。さて、いぼの切除のために美容外科に行きたいけれど、実際に行くのには抵抗があるとか、値段の高い手術や処置を勧められそうで怖い、という不安もあるのではないでしょうか。また、多くのクリニックの中からどこを選べば良いかがわからないということもあるかもしれません。誰しも、しっかりとした知識や技術がある医師に担当してもらいたいという気持ちや、信頼できるクリニックに行きたいという気持ちがあるでしょう。実際に、提案を受ける処置や手術の内容が医師によって異なり、そのため、費用的にも異なってきます。それではここで、美容外科の医師とクリニックを選ぶ際の基本的なポイントを説明します。重要なことは、クリニックではなく、まず医師を選ぶことです。医師の技術や人柄によって信頼度が全く違うことは、明らかです。特に、複数の医師が在籍している大きなクリニックの場合には、担当医師が明確であるかどうかに注意が必要です。特定の担当医師に担当してもらえるかどうかについて、事前に確認しましょう。どのクリニックで診察・手術を受けるかよりも、誰にしてもらうかが重要となります。クリニックではなく、まずは医師を選ぶことが大切です。医師選びに際して、経験の豊富さ、すなわち経験・症例の数は、非常に重要なファクターです。カウンセリングの際に、医師に確認しておくべき項目です。症例数は重要ですが、ある一定以上の数をこなしていれば、それ程の差はなくなってきます。例えば、10件と1000件では、差を感じますが、1000件と2000件では、それほど大差は感じません。美容外科は、基本的に自由診療となりますので、各クリニックによって費用が異なります。いくつもの施術プランを提案してくれる医師を選びたいものです。その中で、自分に合ったプランを選びましょう。しっかりとした専門的な知識を持った医師を選びたいものです。しかしながら、医師が専門的な知識を持っているかを患者さんが判断することは、実際には困難です。質問に対して明確に答えてくれるかどうかで判断しましょう。医師だから何でも知っているわけではないことは、心得ておきましょう。医学でもはっきりと答えの出ていないものもありますから、分からないことは分からないと答えてくれる医師の方が安心です。医師と患者は、人と人の付き合いになりますので、相性が合うかはとても大切です。カウンセリングの際に、医師と十分に話し合ってみましょう。ホームページの情報からだけでは、人柄までは分からないですから、カウンセリングに十分な時間を取ってくれる医師を選びたいものです。医師をきちんと選べば、クリニック選びにはそれ程こだわる必要はありません。ただし、当日の手術や処置を強引に勧めてくる場合や、始めはすごく高い値段を提示しておいて徐々に値段を下げてくる場合などには、十注意が必要でしょう。その場で即決せず、一旦帰宅してから、よく考えるようにしましょう。誰かに相談するとか、他のクリニックと比較することも、ときには必要かもしれません。最後に、アフターフォローや保証がしっかりしているかどうかについて、事前に確認することが大切です。

種類によって見極める

女の人

いぼを除去する方法は、切除術と電気凝固法を使用することが多いようです。どちらも数分で除去することができますが、回復までには時間がかかります。サイズによっても異なりますが、3カ月〜6か月程度の時間がかかりますので注意しましょう。

電気やメスによる施術

頬を触る人

美容外科クリニックで行われている代表的ないぼ治療として、電気凝固法と切除法が挙げられます。電気凝固法は施術跡が残りにくいというメリットを持っていますが、切除法よりも再発のリスクがやや高いという特徴があります。